バターナッツかぼちゃのグラタン


日本でもよく見かける「バターナッツかぼちゃ」

英語で "Butternut Squash" オーストラリア、ニュージランドでは"Butternut Pumpkin"という。




《Squashか?Pumpkinか?》

日本人にとっては「カボチャ = パンプキン」という対訳変換が
馴染みが深いように思うが、そうではない。

英語でsquash という。
(但し、オーストラリア、ニュージーランドではpumpkin)




"Squash" は "Pumpkin"よりも広義であり、pumpkin は squashに含まれる。(オレンジ色のカボチャの意味合いがつよい)




では、日本語との対訳。

カボチャはsquashであるから、squashはカボチャか?
というとそうではない。

squash には、
(冬)winter squash と (夏)summer squash がある。




ざっくり言うと
(冬)winter squash が、いわゆる日本人的なカボチャ
(夏)summer squash は、ズッキーニの類を指す。


   ◇

バターナッツかぼちゃはクリーミーな舌触りが特徴だから
本領を発揮するのは やはりポタージュだろう。

今日は丸ごとグラタンに仕立ててみる。


縦半分に切って種を取り除き、かるく電子レンジにかける。

スプーンで実をすくって窪みをつくり
挽き肉、きのこ等で作ったスタッフィングを詰める。



たっぷりとチーズをのせて こんがり焼けたら出来上がり。


アツアツ出来立てを 日本の秋の味覚に うましかて!


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)