肉じゃがコロッケ


ジャガイモ(馬鈴薯) 学名:Solanum tuberosum L
ナス科ナス属の植物で、地下茎(塊茎)が食用とされる。

世界中でさまざまな品種が栽培されており、日本だけでも100近い種類が品種登録されている。


最近のお気に入りは「シンシア(Cynthia)」という品種☆彡

仏ジェルミコパ社(Germicopa)が育種し、1996年にEUで「Cynthia」という名称で品種登録がされた。


日本へは1997年にキリンビール㈱によって導入された。(品種登録は2003年に行われている)




なだらかな卵形をしたシンシアは芽も浅いため、皮が剥きやすい

そして、コクと甘味 ほくほくしっとり感のバランスもとてもよく、個人的には大変気に入っている。


近所のスーパーには売っていないので、わざわざバスに乗ってこのじゃが芋を買いに出かけるほどだ。


     ◇


今日は肉じゃがコロッケ 子どもの頃からの好物だ。


みじん切りにした玉ねぎとひき肉を炒め、醤油・みりん・酒・砂糖・水を加えて甘辛めの味つけにする。



電子レンジにかけたジャガイモをフォークの背で粗くつぶし、煮含めた玉ねぎとひき肉を加える。



ジャガイモの粒々が残っている食感のほうが好きなので、あまり練りすぎないように混ぜ合わせる。



冷まして落ち着いたら 俵型に整えていく

たねを手にとったら、しっかりギューーッっと握る。

これは個人的な好み。




ふんわりと上品なコロッケではなく、硬く重く食べごたえあるコロッケが好き。




一般家庭なのでラードではなく、普通の揚げ油で揚げる。(それも含めて家庭の味だ)




茶色く揚げあがったコロッケを積み重ねると、ハクション大魔王のようだ

あれはハンバーグだったが。




たっぷりの千切りキャベツとウスターソースを添えて


懐かしい食卓に うましかて!