ランチドレッシングとバターミルク


ランチ・ドレッシング(英:Ranch dressing)
アメリカ生まれのサラダドレッシング

バターミルク、サワークリーム、ヨーグルト、マヨネーズ、刻んだエシャロット、にんにくなどで作るこってりクリーミーなドレッシング☆彡

     ◇

「ranch(発音:米語 rˈæntʃ, 英語 rάːntʃ)」は、牧場を経営する、牧場で働く、大牧場、という意味である。

直訳すると「大牧場ドレッシング」🐄




1954年にヘンソン夫妻がオープンしたカリフォルニアの観光用牧場 "Hidden Valley Ranch" (隠れた谷の大牧場)でヘンソン氏が考案したドレッシングを提供したのが始まり。

ドレッシングは評判となり、夫妻はをスーパー向けに製造販売を始める。

その後1972年にクロロックス社(Clorox)が「Hidden Valley Ranch」のブランドを800万ドルで買い取った。(現在も同社がパテントを所有)


800万ドル!アメリカンドリームであるなぁ 💰



《バターミルク:Butter milk》


高額ライセンスといえば…

去年「Oreo(オレオ)」が高額賞金で新しいフレーバーを募集していたが、どうなっただろう?

オリジナルフレーバーをInstagram/Twitterに投稿(#MyOreoCreation)し、優勝者には賞金50万ドル。

50万ドル!約5500万円!!


調べてみると先月8月に最終結果発表であったようで

この春、最終選考に残った3つのフレーバーの中から
 - チェリーコーラ(チェリーコーク)
 - ピニャコラーダ(パイナップル&ココナッツ)
 - ケトルコーン (ポップコーン)

優秀したのはチェリーコーラ味 🍒🥤


奇抜なフレーバーを期待していたから意外に普通でちょっと驚き。。


     ◇


バターミルク(buttermilk)
牛乳を分離機にかけて得たクリームからバター粒子を取り去った残りの液体。製菓材料などにする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

     ◇

日本では見かけないバターミルク(液体)だが、粉末なら入手可能である。

赤ちゃんの粉ミルクとよく似た風味で、やや練乳にも似たミルキーな甘さが特徴だ。




バターミルク粉末、サワークリーム、ヨーグルト、マヨネーズに、パセリのみじん切り(ディルが手に入らず残念)を加えて



にんにくのスライスを3枚ほど
(好みの香りがついたところで引き上げる)



ランチドレッシングのポイントは、ミルキーな甘さと風味をうまく生かすところにあるのだろうと思う。


秋の食卓、グリーンサラダに添えて☆彡


日本の食卓に うましかて!



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)