鶏ささみとオリーブケイパーソース


オリーブ 学名:Olea europaea
モクセイ科の常緑高木 原産地は地中海地方

日本での歴史については過去Blogを見てね👀
 → オリーブの新漬けと雑炊

     ◇

種なしオリーブ、開いた穴の形はみな同じ。


手で種を取っているいるわけではないだろうから、どういう機械仕掛けになっているんだろう?と気になったので調べてみた。


ひとつずつ種を取り除くにはチェリーピッター(オリーブピッター)という道具を使う。



サクランボの種とオリーブの種をとる道具が共通とは知らなかった。



     ◇

これを機械的に行うとこうなる。



《スタッフドオリーブの製造》

ピッティングマシーンが次々と種を取り除く、その数1分間に900個。手作業と比較するべくもない。

が、動画を見ていると意外や意外、スタッフィング(詰め物)作業は手仕事なんだ!


     ◇

個人的にはこちらのイタリア人女性の作り方が楽しくて美味しそう 🤓



たたき胡瓜と同じ理屈で、不規則な亀裂があったほうが味がしみそうである。


     ◇


種なしオリーブが冷蔵庫で眠ったままで、そろそろ大量消費しなくては・・と



鶏ささみソテーのオリーブ・ソースにしよう☆彡



種なしオリーブを刻んで



鶏ささみを両面焼いたら、水とスープの素を加えて



刻んだオリーブを加えて



白ワイン、ケイパーを加えて煮込んで



最後にソースを煮詰めて出来上がり☆彡


日本の食卓に うましかて!




コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)